ご予約・お問い合わせ TEL:0567-65-5551
近鉄弥富駅より徒歩10分
愛知県弥富市前ヶ須町西勘助241-1

弥富市 歯科 インプラント 歯周病、外傷歯科、審美歯科、根管治療、歯肉療法

根管治療・歯内療法

佐藤歯科院 院長のBLOG 求人情報
MOBILE SITE
HOME»  根管治療・歯内療法

根管治療・歯内療法とは

根管治療とは、歯の内部の炎症をおこした神経や、細菌に感染してしまった神経を除去し、歯の根の病気を治療・予防するものです。
虫歯菌に侵され、抜歯が必要と判断された歯でも実は残せる場合があるのです。
このページで根管治療における当院の取り組みを紹介すると共に、皆様にも根管治療について知識を深めていただければと思います。

歯の根の病気(根尖性歯周炎)の原因

根尖性歯周炎の原因は細菌です。これは、1965年の論文から言われています。
歯の中の神経が生きている時は歯の中は通常無菌状態です。虫歯から歯の中の神経(歯髄)に感染が始まると炎症をおこします。これを歯髄炎といいます。(しみたり、病んだりします)
さらに感染が進むと、神経がすべて壊死し、歯の先に病気ができます。それが根尖性歯周炎です。
ですから、抜髄処置では、根管治療時に細菌を侵入させないこと、すでに細菌感染している感染根幹処置や再根管治療では、細菌を効果的に取り除くことが必要です。
根尖性歯周炎に対しては、原因である細菌に対する処置が重要です。

マイクロスコープについて

かなりの高倍率で見える歯科用顕微鏡

歯科用顕微鏡とも言います。かなりの高倍率で見えます。狭くて、小さな歯の中が見やすくなります。
他に何ができるわけではないですが、拡大して見えるということは、歯科治療にとっては、すごく重要なことです。

根管治療に使ったり、コンポジットレジン(歯と同じ色の白い詰め物)の充填に使ったり。
外科処置に使ったり、あるいはその治療を記録することもできます。

※しかし、インターネット上では、マイクロスコープの使用が成功率に寄与するとの文言があふれていますが、これはあくまで道具であり、これ自体が病気を治してくれる訳ではありません。生物学的根拠に基づいた処置での使用でなければ意味がありません。
道具よりも、考え方や無菌的環境の整備が重要です。

現在の根管治療の世界的な潮流

例えばアメリカには、歯内療法専門医というのがいまして、歯の神経の治療や、根の治療、根の先にできた膿を取る治療しか行わない歯科医師がいます。
彼らは皆マイクロスコープを使った治療をしています。
アメリカは健康保険がないので、費用は高いですが、きちんとした治療ができてないと、すぐに訴訟になったりします。そうならないためにも、本当にきちんとした治療ってどんなものかをいつも模索しています。だからなかなかあれもこれもたくさんの種類の治療はできない代わりに、一つのことを深く掘り下げて、より高度な専門性を出しています。
日本の歯科医師は、歯を抜いたり、虫歯を詰めたり、歯石を取ったり、差し歯を入れたり、矯正したり、インプラント治療をしたりと、一人で様々な治療をします。これが普通です。

実は歯の根の中の治療というのは、マイクロスコープを覗いてみると分かるのですが、痛みが取れただけの治療だと、まったく治療ができていません。根の中が汚れたままだというのがわかります。ひとまず痛みが止まっても、歯の中が感染をおこしている状態が続くと、根の先の骨の中に膿を作ってしまいます。
根の中を掃除して、感染を除去して痛みが出ていた歯を長期間また使えるようにするのが、歯内療法治療ですが、根の中の治療は複雑で、その精蜜さは脳外科の医師が行う外科手術と同じくらいの精蜜さが要求されます。
歯の根の治療というのは、それくらいの精度が要求されるので、アメリカの歯内療法の専門医は、マイクロスコープを皆使っています。

セラミックの歯を入れたのに、何年かして、根の先が膿んできたという話をよく聞きます。
マイクロスコープの使い方の一つに、外科処置があるのですが、場合によっては、かぶせたセラミックを外さずに膿だけ取ることが可能です。これですと、セラミックの歯をまた作り直さなくても大丈夫です。ずいぶんお金の節約になります。

いま世界は、何とか歯を残そうとする方向にあるといえます。上手く治療して、抜かないで使う。一度治療した歯は、なるべく再治療をしないようにする。まさにこんな潮流を手助けしているのが、マイクロスコープという文明の申し子です。

多くの歯科医院の中から私どもを選んでいただいたからには、これからも世界レベルを見据えた治療を提供したいと日々研鑽をつんでまいります。

ラバーダムについて

唾液の中のたくさんの細菌はマイクロスコープでも見えません

根管治療(歯の根の治療)の時にゴムのマスクを口の周りにして、唾液が、治療をしている歯の中に入らないようにしたり、使っている薬剤が、口の中に漏れたりしないようにするものです。
実は唾液の中には、たくさんの細菌がいます。いい細菌もいれば悪い細菌もいます。どれがいい細菌で、どれが悪い細菌かなんて言うのは、目に見えません。マイクロスコープでも見えません。でも治療している歯の中に細菌が入ってもらっては大変困ります。
神経の治療をしたのに、根の先の骨の中に膿ができて歯が浮いたり、咬んだら痛みが出たり。こんな話よく聞きます。
唾液中の細菌が、歯の中に感染するとなかなか治らないのです。
治療をするからには、痛みを止めるだけではなく、感染がないまま長期間歯をもたせる必要があります。

統計的にみてみると、歯内療法の成功率は、抜髄処置で、アメリカの歯内療法専門医がすると、90%以上です。日本はどうでしょう。50%程度とまで言われています。この違いはなんでしょうか?
日本の先進的な歯内療法専門医によると、根管治療の成功率に大きく関係するのは無菌的環境の整備が重要と言われています。唾液中の細菌を、治療中の歯の中に入れない努力のことです。
そのひとつがラバーダムです。
後は、他の器具の滅菌などがありますが、まずラバーダム。
そんなことで、これで治療の成功率をあげられるならということで、佐藤歯科では、ラバーダムを普通の治療として、取り入れて細菌を排除すること、侵入させないことに最善をつくします。

但しラバーダムがどうしてもかからない場合があるときは、予後の悪さを承知で、その旨説明させていただいて、ラバーダムなしで治療を行うときもあります。

この治療は、ラテックスアレルギーの人以外は、基本的に全員に行います。

よくある質問に「根の病気は必ず治りますか?」というのがありますが、原因である細菌をすべて除去できれば治癒しますが、歯の中の構造は複雑で、一度根管内に細菌が入ってしまったら、減らすことはできても、0(ゼロ)にすることは決してできません。
ですから、まず根管内に細菌を入れない環境を作ることが大切です。

CTについて

3次元的に見えることで、より多くの情報を得ることが可能に

医科の分野では、相当発達していて、3次元的に見えるレントゲンの事です。口の中も、平面に見える通常のレントゲンと比べ、ものすごく多くの情報を得ることができます。適切な診断を下す上では、今ではなくてはならないものだと考えます。
当医院でも導入してすでに3年になろうとしています。以前は、インプラント治療のために、他院にCTを取りに行ってもらったりしていたのですが、見たい時に撮りたいので、導入しました。これで安全、安心の治療ができるなら、採用するしかないですね。

  • インプラント治療の診断、シュミレーション、予後の確認
  • 歯の根の先の骨の中にできた、膿の状態の確認
  • 親知らずがどんなふうに生えているのかの確認
  • 外傷して歯が折れてる時どこでどのように折れているかの確認

その他もろもろ。これで診断ということにおいては、ものすごく引き出しが増えました。
見えないことが見えるということは世界が変わる。
今までたぶんこうだろうと憶測の中でしていたことが、よりはっきり分かるようになりました。

PAGE TOP