ご予約・お問い合わせ TEL:0567-65-5551
近鉄弥富駅より徒歩10分
愛知県弥富市前ヶ須町西勘助241-1

弥富市 歯科 インプラント 歯周病、外傷歯科、審美歯科、根管治療、歯肉療法

親知らず

佐藤歯科院 院長のBLOG 求人情報
MOBILE SITE
HOME»  親知らず

親知らずとは

「親知らず(親不知)」とは、正式名称は第三大臼歯(智歯)で、18歳前後から一番奥に生えてくる歯です。
親の知らない間に生えてくる歯、という意味で「親知らず」の通称がつけられたようです。
現代では、噛む機能を担える場所にきちんと生えることが少なくなってきました。

親知らずは、なぜ痛い?

むし歯でもないのに、なぜ親知らずは痛いのでしょうか?色々なパターンがありますが、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたりすることが多いようです。
また、歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こし智歯周囲炎なります。
こうなると口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。

親知らずは抜いたほうがいい?

現代人のアゴの骨は進化して小さくなっています。
しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わってはいません。
ですから、一番最後に出てくる親知らずはスペースが狭く正常には出てこない場合が多いのです。
一部分だけ頭を出しているだけであったり、斜めに傾いて出たり、アゴの中で水平になったままのこともあります。
このような状態になると、むし歯・智歯周囲炎・歯並び悪化・顎関節症の原因となります。
本来、歯はなるべく抜かずに残したいのですが、残しておいても百害あって一利なしなのです。
たとえ抜いても通常の生活や食事には全く影響はありません。

症例紹介

埋まっている親知らずの抜歯です。
全くお口の中には見えておらず、完全に骨の中にあります。
 

PAGE TOP