ご予約・お問い合わせ TEL:0567-65-5551
近鉄弥富駅より徒歩10分
愛知県弥富市前ヶ須町西勘助241-1

弥富市 歯科 インプラント 歯周病、外傷歯科、審美歯科、根管治療、歯肉療法

院長のBLOG

佐藤歯科院 院長のBLOG 求人情報
MOBILE SITE
HOME»  院長のBLOG»  院長ブログ

院長ブログ

スタッフブログ 院長ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

アメリカ歯周病学会

2015年11月13日よりアメリカ歯周病学会に行ってきました。通算20回目の参加です。
今回は、フロリダ州オーランドで開催。

ここはデイズニーワールドがあることで有名ですが、残念ながらミッキーと、ミニーに会ったのは、
郊外のショッピングモールのデイズニーコーナーだけでした。

トピックは、顔面の移植?事故で、顔の一部をなくしてしまった人の顔を再建する技術。
顎は、足の骨の腓骨を利用して、なくなった顎の骨のサイズをあらかじめコンピューター上で計測、
シュミレーションして、顎の骨の形に組み立てて、そこにインプラントを先に毎入しておいて、
最後にその組み立てた顎を顔に戻すというか付ける。そして機能させる。

やけどなどで、顔の皮膚がなくなってしまった人に、死体から採った顔の皮膚を移植して、機能させる。

戦争を多く経験しているアメリカならではの技術と言えるかも。

ものすごく目新しいトピックはありませんでしたが、学会全体が、以前のように怪しい歯は抜いてしまって、
全部インプラントにする。という考え方が、歯は大切だからなるべく抜かないように治療して
持たせましょう。という考え方に変わってきました。
アメリカ人が、このように道義的正義を説くことは、あまり考えられませんが、(日本人はこれが普通)
ひねくれたものの見方をすれば、
インプラント治療の値段と、歯を残すための再生療法などの値段が、同じ費用になったきたということです。

ですから道義的正義を唱えることで、同じ収入を得られるならば、歯を残したほうが、患者さんの感情に
訴えるものがあるということです。

日本は世界に誇れる健康保険制度がありますから、抜かずに治せるなら、
インプラント治療ほどの費用がかかりません。

歯周病は感染症なので、日頃の点検と、クリーニングが重要となってくるということですね。

2016-06-21 18:39:46

ゴールデンウィークのお知らせ

ゴールデンウイークのお知らせです。
お休みはカレンダー通りですが、

4月30日(木)
5月2日(土)
5月7日(木)  は通常通りの診療です。

宜しくお願いいたします。

私事で恐縮ですが、昨日ゴルフの競技会に行ってまいりました。
スクラッチ競技と言って、所属クラブの中で、

言ってみれば春のチャンピオンを決めるような競技です。

先週の日曜に27ホールの予選、昨日27ホールの決勝で、
予選1位通過、決勝も優勝することができました。


仕事の上でも、人事が変わったり、いろいろな出来事がある時期でしたが、
そういったものも全て乗り越えてのゴルフですので、とても嬉しく思います。

これに優勝することで、同じ所属クラブでのグランドスラム達成ということになりました。

スクラッチ、理事長杯、マッチプレー選手権、クラブ選手権それぞれに優勝の爪痕を残したことになります。

人生において我慢することを覚えるために、ゴルフをしてるような気がするのは、
僕だけじゃないかもしれませんね。

さらに仕事にも、ゴルフにも精進したいと思いますので、宜しくお願いいたします。

2016-06-21 18:38:53

ためしてガッテン

みなさんこんにちは。先日のためして・・・見ました?大人の虫歯でしたね。

街ゆく人の中から適当に選んだ人の、お口の中を拡大鏡で覗いて、ものすごく小さな黒い点を、ん~これは虫歯ですね。
と言ってたえらい大学の先生。

確かに虫歯かもしれません。でもものすごく目立つ場所で、よほど患者さん本人が気になっていれば、治療するかもしれません。
ふつうは削ったりしませんよ。あのサイズは。

あの番組が言いたかったことは、
虫歯があることを知らないでいることは、悪化させてしまう恐れがあるということ。
要は、定期検診をできるだけ受けましょうとあの番組は言ってました。

小さい虫歯があることをかかりつけの歯科の先生も、患者さんも同じ情報として共有していれば、
検診の度に虫歯が大きくなるようなら治療をすればいいし、
変わらないなら歯磨きのやり方を確認して、そのまままた経過観察すればいいです。

10年虫歯が大きくならないことだってありますから、普通に。
悪くならないか見ていることが重要です。

定期検診とクリーニングを受けましょう。

2016-06-21 18:37:50

メリークリスマス

12月24日

佐藤歯科に来院されている人だけでなく、
世界中の人が幸せなクリスマスをおくれたらいいな。

メリークリスマス。

2016-06-21 18:37:02

埋まっている親知らずの抜歯



親知らずの抜歯です。全くお口の中には見えていません。



CT撮ってみると完全に骨の中です。歯肉をめくっても骨しか見えないと思う。
CTは、顎の中を通っている神経と、親知らずの関係がよくわかるので、
今ではこれがないと、完全に埋まっている親知らずの抜歯はむずかしい。

患者様の協力もあり、30分で無事終了。明日消毒と様子を見せに来院していただきます。
腫れてないといいなあ。

2016-06-21 18:36:12

全国大会

11月23、24日東京で歯科医師会主催の野球の全国大会がありました。
全国北は北海道から南は九州まで12チームで2日間楽しみました。
決勝は大田スタジアムと言って、プロが使う球場でできるので、頑張ったんですが、結果が出ず。
僕は、岐阜チームの応援用員として、愛知県チームから出ました。
昔のクラブの先輩後輩と一緒に集まってわいわいやれるのは、なかなか楽しい。

優勝は九州連合チーム。2連覇。2位は福島県チーム。
来年また頑張ります。来年は東海は、三重県主体のチームに愛知、岐阜、静岡から選抜メンバーになると思います。

体力作りは大切だね。いろいろなことをやるにおいて。


2016-06-21 18:34:47

ホテルカルフォルニア

イーグルスのホテルカリフォルニア。
もう30年以上にわたって聴き続けている。

自分の中で今またその潮流が来ている感じ。
あのエンディングのギターソロ、オルゴールのようにアタマの中をめぐる。
何回も何回も。

素晴らしくカッコよすぎるチョーキング。

まあ歌詞の解釈にはいろいろあるので深くは言及しないけど、
間違いなく古き良きアメリカを好きになった一曲。

2016-06-21 18:33:37

2014年11月15日

今年は、バタバタしていてあまりかまってやれなかったけど
綺麗な秋の花を少々付けてくれました。自然の力に感謝。
ルージュ・ピエール・ド・ロンサールというフランスのつるバラです。ありがとう。

2016-06-21 18:32:35

今年一番の冷え込み

急に寒くなりましたね。
体調崩すとお口の中にも影響出ますので、
体調管理しっかりしてくださいね。

今日も歯茎が腫れて来院された方何名か見えましたが、
日曜が近いので心配でしたら一度お電話ください。

2016-06-21 18:30:41

2010年 活動報告

12月2日(木)
特別養護老人ホーム長寿の郷十四山にて歯周病の二つの側面について講演。
歯を失うと生命維持にかかわるということと、歯周病原性細菌が、
他の全身疾患と密接に関連していることについて、現在の米国歯周病学会の指針に沿って講演した。
受講者は、介護職員約50名、今日からできる口腔ケアを指導した。

12月2日(木)
午後からは、飛島村すこやかセンターにて海部歯科医師会主催の後期歯の健康センター出席。
弥富、蟹江、飛島の海部南部の歯科医師会員と同地区の養護教諭、保育士、行政関係者総勢約60名が受講の対象。
ここでも、外傷歯(歯の怪我)についての講演を約30分行った。

12月1日(木)
診療後蟹江の月星歯科クリニックの勉強会に参加。
かれこれ15年以上は続いている勉強会で、今回佐藤歯科からは、歯科衛生士の飯田理恵が発表した。
日ごろ自分たちが行っている仕事の内容を、5件の歯科医院の歯科医師、歯科衛生士が、発表内容について意見交換する。

11月26日(金) 13:00~14:00PM
弥富市役所健康推進課において、来年度の事業計画の連絡協議会に出席。
市役所としても来年度の予算編成の時期だけにいろいろ意見が出たが、
医療に関する福祉行政を事業仕分けするとは、けしからんことだと一喝した。

11月26日(金)
院内勉強会 歯科衛生士の、大田明日香、飯田理恵のそれぞれが発表した。

11月24日(水)
介護認定審査会に出席。十四山支所にて。

11月18日(木)
愛知県歯科医師会館にて、愛知県歯科医師会主催医療安全対策研究会に出席。
歯科診療所開設者が、医療安全のために法律で義務付けされている年2回の講習会のひとつ。

11月17日(水)
総合医療開発研究会に参加。蟹江湯元館。愛知県警察歯科理事竹市先生の講演。
歯は死亡確認する大切の根拠となる。

11月16日(火)
弥富市歯科部会。潮鈴坊にて。来年度の事業計画について、弥富市内での意見調整を行った。

11月11日(木)
海南病院会議室において。海部圏域歯科と糖尿病の連携モデル事業会議出席。
歯科の立場と、歯周病と糖尿病の関連についてそれぞれの立場での意見交換を行った。

11月10日(水)
海部歯科医師会11月例会出席。

11月7日(日)
東京お茶の水の総評会館にて。国際インプラント学会(AIAI)出席。
この学会からは、インプラントの認定医を認定されている関係で、毎回参加している。
今回のメインテーマは、サイナスリフトの安全性について。
上顎にインプラントを埋入する時、上顎洞(副鼻腔)が大きくてインプラントを埋めるのに上顎の骨が十分無い場合、
上顎洞内に新たに骨を作って十分な骨量を確保した上でインプラントを埋入する技術。
十分な研修も受けずに行われた治療での、事故の報告も多く講演された。
当院ではもうすでに多数症例を行っているので、今後もインプラント治療を続けていく上で、良い復習になりました。

11月1日(月)
弥生保育所にて年少児の虫歯予防説明会に出席。

10月31日(日)
玉田慶宏歯科医師(佐藤歯科所属)とともに東京品川での、インプラントの偶発事故への対応というセミナーに参加しました。
インプラントのみならず、歯科医院で、体調が急変した場合などの適切な対処法について、復習しました。

10月29日(水)
12月の海部歯科医師会歯科保健大会の実行委員会参加。湯元館にて。
毎年行われる海部歯科医師会の年中行事で、行政関係者等地域医療の連携を発表する会の準備委員会。

10月22日(金)
院内勉強会。歯科衛生士 飯田理恵の発表。毎月1回勉強を通じて、自分たちの研鑽に励んでいる。

10月21日(木)
稲沢市民会館にて。愛知県歯科医師会秋期全体講習会参加。

10月14日(木)
生活習慣病講習会。愛知県歯科医師会館にて。

10月7日(木)
圏域代表者会議出席。海部地区休日診療所において。

10月8日(金)、9日(土)
横浜みなと未来において、日本国際歯科大会出席。各分野の最新歯科治療についての講演を参加型の学会形式で。
当院は、歯科医師4人が出席。院長は、ヤンリンデ先生(スエーデン・イエテボリ大学名誉教授)、京都の牧草先生の講演など。
日本中からたくさんの参加者でにぎわった。
論文などの報告ではなかなか聞けない臨場感のあふれる講演が多かった。

9月29日(水)
介護認定審査会出席。

9月26日(日)
愛知県歯科医師会館にて、歯科医療安全対策研修会参加。
法律で義務付けされている講習会

9月22日(水)
海部歯科医師会地域医療担当委員会 蟹江湯元館

9月15日(水)
弥富市歯科部会。10月の健康フェステイバルに向け、8020表彰者の選出。

9月12日(日)
海部地区休日診療所にて、当番医として診療。

9月5日(日)
健康生活シンポジウム出席。海南病院をはじめ医師会の主催で行われた。

9月1日(水)
介護認定審査会、十四山支所にて。

8月30日(月)
弥生保育所にて、フッ素洗口の視察。

8月25日(木)
弥富市地域医療懇談会。今年度の行事と、来年度の事業計画のあり方について、年1度、行政サイドと、歯科医師会の話し合いの場。お互いの要望をぶつけ合い、医療行政のよりよい方向を模索していく会議。

8月1日(日)
自家歯牙移植、外傷歯学研究会参加。
名古屋市ナデイアパーク会議室。
辻 孝 先生、東京理科大学教授のお話を聞きました。
辻先生のグループは、幹細胞を使った歯の再生で、すでに実績を各方面から認められてはいるが、一般実用化されるには、まだ10~20年程度はかかりそうとのこと。
午後からは、東京の開業歯科医師の、下地勲先生の歯根膜の魅力についてのご講演でした。

私どもの医院でも、20年ほど前から歯の移植を手がけておりますが、辻先生の言う歯の再生が実用化されるまでは、やはり、自家歯牙移植、が有効な手段であることには、間違いはなさそうです。
当院の自家歯牙移植の、科学的な根拠やよりどころ、なぜうまくいくのかは、この研究会が礎になっています。

自家歯牙移植、外傷歯学研究会は、名前こそ研究会ですが、日本国内では、唯一の研究会であるため、学会といってもよさそうです。
またこの研究会に入会している歯科医師は、自動的に世界外傷歯学会に入会しています。

6月18日(金)
十四山スポーツセンターにて、第1回健康フェスティバル実行委員会出席。

6月15日(火)
飛島村人間ドックにて、歯科検診。(午前中)

6月12日(土)
日本顎咬合学会出席。東京フォーラムにて、コロンビア大学インプラント科教授 デニス ターナー氏の講演を聴くため。
過去に渡米した学会では、何度も講演を聞いているが、インプラントのグローバル化と多様性のため、最新の知識を得るため聴講した。
内容は、抜歯後にインプラントをすぐに埋入してもいい場合と、骨ができてから埋入したほうが良い場合を文献を元に考察した。
聴衆を話に引き込むのがものすごく上手で、あっという間の半日間だった。

6月3日(木)
弥生保育所 歯科検診。(弥富市嘱託保育所歯科医師として)

6月2日(水)
介護認定審査会 出席(十四山支所)

5月29日(土)、30日(日)
高松市歯科医師会との合同部会出席。香川県高松市泊。

5月27日(木)
特別養護老人ホーム 輪中の郷 理事会及び評議委員会出席。

5月25日(火)
弥富市立弥生保育所 フッ化物洗口説明会。
弥富市立の保育所では、年長児に限りフッ化物洗口の毎日法を行い、虫歯の予防に取り組んでいる。
歯科医師会と弥富市行政の連携は実にうまく取れていると思うし、自分の専門分野での取り組みが、形のある社会奉仕につながると思うと、歯科医師としては、実にやりがいを感じるひと時である。

5月19日(水)
総合医療開発研究会参加。

5月18日(火)
介護認定審査会 出席 (十四山支所)

5月13日(木)
弥富市立弥富中学校 歯科検診(午前中)、1歳6ヶ月歯科検診、弥富市健康センター。(午後)

5月12日(水)
海部歯科医師会5月例会 出席

4月28日(水)
介護認定審査会 出席 (十四山支所)

4月22日(木)
海南病院歯科口腔外科との連絡協議会。海部歯科医師会と、海南病院。

4月21日(水)
総合医療開発研究会 出席。

4月8日(木)
名古屋GC株式会社 セミナー室で、小野善弘先生講演 聴講。
渡米の際は、毎回お世話になっている先生です。

1月10日(日)
名古屋での最新のインプラントの講習会に参加してきました。
芸術文化センターの公演会場で、日本全国から約100人の、インプラントに興味のある歯科医師が、休日返上で集まりました。

講師は、韓国デグカトリック大学の口腔外科の教授であられるDr.Sohnでした。
ソン先生は、ピエゾサージェリーといって、超音波器具を使った骨の手術の第一人者で、世界中を講演してられるそうです。
この講習会を受講したのは、上顎にインプラントをする時に、上顎洞と言って、眼の下にピンポン玉くらいの骨の空洞があるんですけど、この空洞が大きいと、上顎の骨が薄くインプラントを支えるのに十分な骨が確保できません。
何かいい方法はないかと常々思っていました。

こういった場合に、骨を造ってインプラントを埋める従来の方法は、耳鼻科の先生顔負けのちょっとした大げさな手術になってしまう場合が、往々にしてありましたが、ソン先生の方法は、手術に大きな侵襲を伴わない、体にやさしい骨造成&インプラント手術でした。

もう一つ共感が持てたのは、人の体の治癒能力を十分引き出すことに力を注ぎ、従来使われていた、高価な骨移植材をあまり使用しないという、ある意味エコな治療を求めておられるところです。
講演の中でもそれは科学的に証明されていました。
もちろん超音波器具がないとこの手術はできませんが、当然のことながらこの器具を大枚はたいて購入しました。(笑)

実際上顎にインプラントをしてほしくても骨が十分にないためインプラントができないと、いろんなインプラントの医療機関で断わられている患者様がたくさんいらっしゃいます。
この手術、器具さえあれば、いままでしてきた手術と比べ、難易度としてはむしろ簡単な手術になりました。
この知識と技術を皆様に還元して、少しでも社会貢献できればと思いますので、皆様の喜んでいただける顔が見れれば、インプランティストとして本望です。

年頭からものすごい韓流パワーをもらいました。
カムサムミダ。

2016-06-21 18:29:23

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
PAGE TOP